お墓アンケート

有効投票:96

回答 順位 項目 得票 割合
1 お墓はいらない 66 68.8 68.8%
2 新しくお墓を建てたい 23 24.0 24.0%
3 実家のお墓に入りたい 7 7.3 7.3%



「永代供養」

長年にわたって供養を続けてくれるシステム。
しかし、供養料他の維持費が必要 となる場合がほとんどである。

「墓地・墓苑」

社寺が管理している墓地と、企業が管理している墓地・墓苑がある。
墓地・墓苑共に永遠に続く保証はない。

「お墓は誰のため?」

既に墓がある一家は別として、新たに墓を建立する場合助ェに考慮した方が良い と思われる。『三代目には3割近くが「無縁墓」となっている』といわれています。 自分のためにお墓を建立するのか、子孫のためにお墓を建立するのか熟慮が必要。

「さまざまな経費」

戒名料、檀家費、管理費、維持費、修繕費、○○誌費、・・・・。
お墓を維持していくにはさまざまな経費が必要となってくる場合が多い。 この経費は子孫が支払うが、払えなくなったり、別の墓を建立したりして無縁墓 となっていく。

「合祀」

慰霊碑にみるように、多くの方を一つの墓の中に納める。
一人一人の「骨壷」が ない場合がほとんど。その分、安価ですむ。

自宅供養・手元供養

忘れられない故人を身近に感じたい・・・。
そんな方のための「自宅供養・手元供養」。
遺骨の一部をモニュメントにしたり、ペンダントにしたり、おしゃれな壺に収めたり・・・。

さまざまな永代供養墓

サイト検索すると、永代供養墓を謳った社寺、墓苑が増えています。
しかし、内容はさまざま。


- WebEnquete -